2ch 面白

2ch 2ちゃんねる_ビューア > スポンサー広告 > 二宮和也 主演ドラマ 「車椅子で僕は空を飛ぶ」 の あらすじ > 感動したコピペ > 二宮和也 主演ドラマ 「車椅子で僕は空を飛ぶ」 の あらすじ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二宮和也 主演ドラマ 「車椅子で僕は空を飛ぶ」 の あらすじ

2012年08月26日(日)

KIDstb_20120825 (19)


名前書いたら負けかなと思っている。 [] 2012/08/26(日) 02:05:44.72 :BBg9quo70
概要:
今年の24時間テレビで放送された「車イスで僕は空を飛ぶ」
というドラマはテーマ性のブレがなく、感動の押し売りでもない。
「自殺がもたらす弊害」を提示し、
人生に絶望した時は「助けを求めること」「痛みを共有すること」
が大事なんだよ、ということをうわべだけではなく、
リアルな世界を誠実に構築していくことにより、説得力豊かに訴えかけている。

あらすじと解釈:
不良青年の長谷部泰之は、トラブルでチンピラ集団に追われている最中にビルから飛び移ろうと足を踏み外し、転落。
同時に脊髄を損傷し、車椅子での生活を余儀なくされる。
彼が幼少期の時、母親はDVで夫から逃げて以来、
他の男に媚を売って、生活費を工面していた。
それが気に食わなかった、泰之は周りへ「助けを求める」という行為を嫌っていた。
それ故、息子想いの母とも心から繋がり合うことができなかった。

転落後、絶望に立たされた泰之は最初は周りに反発的な態度だったが、
癌で余命半年の少年と出会い、少しずつ心を開くようになり、リハビリを開始する。
泰之のリハビリ仲間だったタケヒロは念願のデザイン会社へ就職し、退院。
だが、泰之はそんな彼の事を良く思っていなかった。
ある日、タケヒロから電話がかかってきたが、出ずに切った翌日、タケヒロは自殺していた。
原因を聞いてみると、後遺症で悩まされていた彼はデザイン会社を解雇され、絶望して自殺したという。
「何が伝えたかったのか?」
前日に電話を切ってしまった自分を泰之は責める。

またも絶望した彼は自殺を決意し、崖へ行く。
それを見かけた周囲の人が手を指しのばすが最初は拒絶。
結局死ねず、極限状態の彼は結局「助けてください」と呟いた。
彼は「助けを求めている自分」にその時初めて気付く。





名前書いたら負けかなと思っている。 [] 2012/08/26(日) 02:06:20.34 :BBg9quo70
ある日、泰之はグループカウンセリングを目撃する。
彼が気にかけている久実という女が「久実は18歳で子供を産み相手の男に逃げられ・・・」と告白していた。
心の闇を抱えていきながら生きているのは自分だけじゃないことを彼は再認する。

ある日、しばらく会っていない泰之の母が自殺未遂をしたとの連絡をうける。
息子に何もできないダメな母という自責の念が彼女をそうさせた。
泰之は 、初めまして といい「僕の母は、僕が原因で死んでしまいました」と話しかける。
「存在自体が迷惑な自分は彼女にとって本当に重荷だっただろう。
自殺したら残された者は残りの人生をずっと、それを背負って苦しむんだ。
死んでしまったら本心を知ることも、伝えることもできないじゃないか」と叫んだ。
母と子は初めて心からつながる

泰之は橋の上で、橋の上で途方に暮れているある親子を見る。それは昔の母と自分に似ていた。
泰之は わざと転び、駅まで車いすを押してもらい星を見に行こうと 子供を誘った。
三人で、星を見ながら「私・・これからどうすればいいんでしょうか」という母親。
「さっきの俺みたいに 助けてって言えばいいんじゃないんでしょうかね。
そういうのって死ぬほど恥ずかしくって情けないことなんですけど、結果死なないから大丈夫なんですって。
今日生きたら明日はやってきますから。」と告げる。

朝の場面、グループカウンセリングの仲間へ会いに行く。
久美も来ると聞いて喜ぶ泰之。彼の本棚には心理学の本がのっており、
心理カウンセラーとしての夢を追う第2の人生が始まった。
関連記事
スポンサーサイト

 
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。